適格請求書方式への対応 様式 テンプレート

2023年10月から複数税率に対応することとなりますが、適格請求書発行事業者登録については2021年10月1日より受付が開始されます。

事業者は2年間の猶予をもって準備をしてくこととなりますが、みなさまはどのように対応をしていかれるご予定でしょうか。

自社の登録は申請をすれば取得できますが、他社が番号を取得している事業者かどうかの判断をしていかなければならないため、番号の回収をしていく必要があります。

つきましては、自社の番号を案内すると同時に、先方の番号を教えていただくための案内文を作成しましたので、よろしければご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

202×年×月×日

株式会社××××××  御中

適格請求書発行事業者登録番号のご案内及びご依頼

 拝啓 平素はご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、2023年10月1日より、消費税につき複数税率に対応した仕入税額控除の方法として「適格請求書等保存方式(インボイス制度)の導入が予定されており、消費税の課税事業者である各事業者は番号の取得並びに把握をしていく必要がございます。
 つきましては、弊社の適格請求書発行事業者登録番号をご案内させていただくとともに、貴事業者の登録番号について、弊事業者までご連絡をお願い申し上げます。
 会計処理を行う上で必要不可欠な情報となりますので、大変恐縮ではございますが宜しくお願い申し上げます。

敬具

1.弊事業者登録番号(課税事業者の場合のみ)
T×××××× ××××××

2.御事業者の課税事業者又は免税事業者であることの回答をお願いします。
  消費税の課税事業者である  又は  消費税の免税事業者である。

3.課税事業者である場合には、事業者登録番号をご教授ください。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。